アトピーのかゆみにはステロイドを正しく使うことが大切!

 

私は生まれつきのアレルギー体質で長いことアトピーとも付き合ってきました。
「脱ステロイド」が流行った時期もありましたが、結局アトピーを悪化させただけ。

 

で、現在の心境としては、ステロイドを上手に使った方が早いよ!という結論に落ち着いています。
そして、アトピーが落ち着いたら、保湿ケアを徹底すること。
こうすることで今は、子供のころのような爆発するような痒みとは縁遠くなっています。

 

昔はステロイドも1種類だけでしたが、現在は上の画像のように部位ごと、症状の程度により、皮膚科の先生が実際に私の肌を見て、別々に薬を出してくれます。

 

ステロイドを悪者のように言う人もいますが、これだけ細かく薬を使い分けて行けばそうそう副作用で苦しむ、なんてこともないんですよ・・・。

 

アトピーの炎症をなるべく早く抑えるためには?

 

そもそもなぜアトピーが悪化するかと言えば、
痒い!⇒引っ掻く!⇒皮膚が荒れる⇒さらに痒くなる!
という悪循環に陥るからです。

 

現在の時点では、アトピーの炎症をもっとも早く抑える効果があるのがステロイドの塗り薬です。

 

一時期ね・・・ステロイドで治療せず、頑張って自己流で治そうとしたんですけど、真っ赤にお猿さんのお尻ような体になっちゃった。そんなただれた肌も皮膚科に行ってステロイドの塗り薬を使うようになったら、3日くらいで赤みが引いて治るんです。

 

アトピーを根本から治す薬か?と問われれば疑問ですけど、症状の悪化を抑えて、痒みを止める、と言う意味では他のどの治療、民間療法に勝るものはなさそうです。

 

ステロイドはお医者さんの指示に従って正しく、きちんと使おう

 

現在、国内で使われているステロイドの塗り薬はなんと約30種類も!
ステロイドの強さによって5つのランクに分けられているそうです。

 

私のように、同じ人に複数のステロイドの塗り薬を処方されるのは、体の部位によって薬の吸収率に違いがあるためです。

 

ステロイドの塗り薬の効果を生かすには、何と言ってもお医者さんの指示に従って正しく、きちんと使うこと。副作用が怖いからと言って、勝手にやめたり、少ししか使わなかったりすると、逆に回復が遅れて、ダラダラと使い続ける羽目になります。

 

 

 

アトピーのかゆみにはステロイドを正しく使うことが大切!関連ページ

化粧品を変えたら顔にかゆみ、かぶれ、赤みが・・・その原因を探れ!
女性なら季節が変わるごとに新製品がでるスキンケア用品を試してみたくなりますよね。今まで使ったことがないスキンケア用品でぴりぴりと刺激を感じたり、かゆみやかぶれ、発疹が出たら、成分をチェックしてみてくださいね。
夏にアトピー性皮膚炎が悪化するときの対処方法とは!?
夏にアトピー性皮膚炎が悪化するということは、考えますと、「汗が犯人なのではないか?」ということ。その対処方法をご紹介します。
アトピーを改善させるためにしっかり汗をかこう
汗をかくと肌を刺激し、炎症が悪化することは良くありますね。ところが、最近の研究では汗をしっかりかいた方がアトピーを改善させるということが分かっています。正しい汗の対処方法をご紹介します。
ナンデあんなに痒いのか?アトピーのかゆみの原因を知ろう!
アトピー性皮膚炎の辛さと言えば、痒み。思えば、小学校低学年くらいまでは、肘と膝の裏がひどかった。そして、思春期を過ぎると、痒みの出る部分が広がっていったような。痒みの原因とは?どう対処していけば良いのか?をご紹介。
掻きむしりたいほどのアトピーのかゆみを抑えるあっと驚く方法
アトピー性皮膚炎のかゆみと言うのは、とても強いものです。ある時、左腕の関節付近にものすごい痒みが襲ってきました。特にかぶれる原因もなさそうなのに、ものすごーく痒い!そこである方法で痒みを止めてみました。
その洗濯洗剤がアトピーのかゆみの原因かも!?
随分肌には気を使っている生活をしてきているつもりなのですが、冬になってからアトピー性皮膚炎が悪化してきたんです。ある時、洗濯洗剤を変えたことに気が付きました。そしてその洗剤を止めてみると・・・。