アトピーを改善させるためにしっかり汗をかこう

 

アトピーでお悩みのあなた!汗はかきやすい方ですか?
私は汗が出にくい方でした。
これって私の体質がそうなのかな、と思っていたのですが、アトピー性皮膚炎の人は、もともと発汗機能が弱い傾向があるそうなんです。

 

なるほど・・・温泉やサウナに入っても私だけなかなか汗が出ないという理由が分かりました。
汗が出ないと体温調節が上手くいかないことが知られています。
体内に熱がこもって痒みが増す原因となるようです。

 

確かに汗の塩分が肌を刺激し、炎症が悪化することは良くありますね。ところが、最近の研究では汗をしっかりかいた方がアトピーを改善させるということが分かっています。

 

激しいスポーツではなく、日常生活に気軽に取り入れられる軽いランニングや、汗をかく程度の少し速歩でのウォーキングがおすすめ。長時間ではなくても効果が得られます。

 

毎日、汗をかくことで得られるメリットは以下の3つ!

 

皮膚の水分量が保てる

汗をかくと皮膚の角質層に水分が供給されます。尿素や乳酸など、体内から出てくる保湿成分が増え、バリア機能が高まります!

 

細菌が皮膚を守ってくれる

汗には免疫グロブリンや抗菌ペプチドが含まれているので細菌から肌を守ってくれます!

 

体温調節が上手になる

体温調節が上手くいかなかった人でも、毎日汗をかくように運動を続けているうちにだんだんと調整が効くようになってきます。気化熱の放出で熱がこもりにくくなります。

 

ただし!かいた汗をそのままにしておくと肌への刺激になり、逆効果です。
外で運動をして、しっかり汗をかいたら帰宅後はシャワーで流すなど、メリハリを大切にしてくださいね。

 

 

アトピーを改善させるためにしっかり汗をかこう関連ページ

化粧品を変えたら顔にかゆみ、かぶれ、赤みが・・・その原因を探れ!
女性なら季節が変わるごとに新製品がでるスキンケア用品を試してみたくなりますよね。今まで使ったことがないスキンケア用品でぴりぴりと刺激を感じたり、かゆみやかぶれ、発疹が出たら、成分をチェックしてみてくださいね。
夏にアトピー性皮膚炎が悪化するときの対処方法とは!?
夏にアトピー性皮膚炎が悪化するということは、考えますと、「汗が犯人なのではないか?」ということ。その対処方法をご紹介します。
ナンデあんなに痒いのか?アトピーのかゆみの原因を知ろう!
アトピー性皮膚炎の辛さと言えば、痒み。思えば、小学校低学年くらいまでは、肘と膝の裏がひどかった。そして、思春期を過ぎると、痒みの出る部分が広がっていったような。痒みの原因とは?どう対処していけば良いのか?をご紹介。
掻きむしりたいほどのアトピーのかゆみを抑えるあっと驚く方法
アトピー性皮膚炎のかゆみと言うのは、とても強いものです。ある時、左腕の関節付近にものすごい痒みが襲ってきました。特にかぶれる原因もなさそうなのに、ものすごーく痒い!そこである方法で痒みを止めてみました。
アトピーのかゆみにはステロイドを正しく使うことが大切!
私は生まれつきのアレルギー体質で長いことアトピーとも付き合ってきました。現在の心境としては、ステロイドを上手に使った方が早いよ!という結論に落ち着いています。そして、アトピーが落ち着いたら、保湿でケアをすることです。
その洗濯洗剤がアトピーのかゆみの原因かも!?
随分肌には気を使っている生活をしてきているつもりなのですが、冬になってからアトピー性皮膚炎が悪化してきたんです。ある時、洗濯洗剤を変えたことに気が付きました。そしてその洗剤を止めてみると・・・。