冬の皮膚のかゆみ|乾燥肌対策は夏と冬では同じじゃダメ!

 

気温がググッと下がってくると肌が痒くなる・・・
これって乾燥肌やアトピーさんにはあるあるですよね。

 

肌が乾燥してるんだから水分が蒸発しているハズ。でもその乾燥の原因が水分だけではないとしたら・・・?痒みの原因を知ってその予防法を知りましょう。

 

まず知っておきたいのは季節によって肌が変化するということ。
冬になって気温や湿度が下がると、皮膚の表面油脂と角質の油脂が減ってしまうということです。

 

水分だけじゃない?実は皮膚にとって大切なものとは

寒くなると、皮膚の表面油脂と角質の油脂が減ってしまう・・・。
【乾燥肌】というと水分だけの問題のように思いがちですが、実はこの「油脂」が重要なポイントなんです。
従来、皮膚内部の水分は皮膚の表面にある皮脂膜や角質層の間にある細胞間脂質によってしっかりと閉じ込められています。
このことによってお肌のうるおいを保つようにできているわけですね。

 

ところが冬の乾燥で皮膚の表面の皮脂膜にある油脂が減ってしまうと、バリア機能が正常に働かなくなり、水分が蒸発しやすくなってしまいます。さらに外部からの刺激物質が簡単に肌内部に侵入してきてしまうのです。

 

つまり、肌の乾燥とは水分だけでなく、そもそも皮膚の表面にあった油脂の減少こそが根本の原因と言うわけです。

アトピー性皮膚炎は冬こそ要注意!

アトピー性皮膚炎には夏型と冬型があるのをご存知でしょうか?
夏型アトピーは汗をかくことにより、それが刺激となって悪化します。
冬型アトピーは汗が出にくいことにより、それが刺激となって悪化します。
現在、小学生の統計を取ると冬型の方が多いそうです。
ですから冬こそ注意すべき季節だということです。

 

冬は特に乾燥しているためバリア機能が低下し、そのことで肌に直接触れることで起こる「接触性皮膚炎」になることも多いです。特にアトピー肌の方はこの傾向が強いですね。

 

気温が下がるため、下着や靴下をしっかりと着こむことが多くなりますが、サイズがきつめだったり、ゴムが長時間触れる靴下や下着など避けるようにした方が良いでしょう。

 

下着の素材はポリエステル、ナイロンは避け、木綿を選びましょう。ポリエステルやナイロンは速乾性があり取り扱いがカンタンですが、汗を吸い取りにくいという面も持ち合わせています。

 

おろしたての下着をそのまま身に着けて痒みを感じる人は糊や樹脂加工が皮膚を刺激している可能性がありますので使う前にぬるま湯で洗ってから身に着けると良いです。

 

乾燥肌対策は夏と冬では同じじゃダメ!

実は乾燥肌対策は夏と同じことをしているといけないのです。

 

例えば、風呂の入り方。
あなたはお風呂で体を洗う時、夏と冬で同じように洗っていませんか?
冬は油脂を洗い落とし過ぎないよう、使う量と回数を控えるようしましょう。

 

冬の痒み対策としてお風呂は長風呂を避け、肌をゴシゴシと洗いすぎないようにすることが大切です。

 

そしてアトピーの炎症の症状が出ている時はなるべくボディソープを使わないことです。
38〜40℃くらいのお湯で皮脂と汚れの混ざった垢と言うのは取れますのでぬるま湯で洗うだけでも皮膚は十分きれいになります。

 

と言っても臭いに敏感な現代人にはなかなか難しいことでしょうから、せめて休日の前の晩など人前に出ないことが分かっている日はボディソープを使わないようにして肌を休ませてみてください。

 

ボディソープを使う場合でも、冬は保湿ケアができるボディソープを選ぶようにしたいですね。
ニベアのクリームケアボディウォッシュやクラシエのラメランスなど、お肌のうるおいを重要視したボディソープも最近では多いですので、ドラッグストアで簡単に手に入るものから試されてみてはいかがでしょうか。

お風呂上りこそ乾燥肌対策のベストタイミング

冬になってから痒みが強くなったということであるならば、気温や湿度の変化への対応と、アトピーの症状への対応がそれぞれ必要になるでしょう。

 

気温や湿度の変化への対応として最も重要なポイントは、冬はお風呂上りのまだ皮膚が少し湿った状態で保湿クリームを塗るということ。
アトピーの人は自分が作り出す皮脂だけでは間に合っていません。そこで保湿クリームを使って皮脂膜の代用としてあげるわけです。

 

しかし、皮膚が乾燥してしまってからでは保湿クリームが定着しずらいのです。お風呂上りの少し水分が残った肌こそ人工の皮脂膜を保湿クリームで補う絶好のチャンスだというわけです。

 

お風呂は全身の肌に水分補給をすることと、リラックスすることで、心身ともに効果があるものです。
でも、お風呂から上がった瞬間に猛スピードで乾燥が始まっています。ここで保湿を怠れば肌に水分補給をした意味が無くなってしまうでしょう。

 

まとめ

冬は自分の肌に合った保湿クリームでしっかりと皮膚のバリア機能を保つことが何より重要です。
水分が蒸発しやすい季節にはしっかりと人工の皮脂膜で肌にふたをしてあげましょう!

冬の皮膚のかゆみ|乾燥肌対策は夏と冬では同じじゃダメ!関連ページ

化粧品を変えたら顔にかゆみ、かぶれ、赤みが・・・その原因を探れ!
女性なら季節が変わるごとに新製品がでるスキンケア用品を試してみたくなりますよね。今まで使ったことがないスキンケア用品でぴりぴりと刺激を感じたり、かゆみやかぶれ、発疹が出たら、成分をチェックしてみてくださいね。
夏にアトピー性皮膚炎が悪化するときの対処方法とは!?
夏にアトピー性皮膚炎が悪化するということは、考えますと、「汗が犯人なのではないか?」ということ。その対処方法をご紹介します。
アトピーを改善させるためにしっかり汗をかこう
汗をかくと肌を刺激し、炎症が悪化することは良くありますね。ところが、最近の研究では汗をしっかりかいた方がアトピーを改善させるということが分かっています。正しい汗の対処方法をご紹介します。
ナンデあんなに痒いのか?アトピーのかゆみの原因を知ろう!
アトピー性皮膚炎の辛さと言えば、痒み。思えば、小学校低学年くらいまでは、肘と膝の裏がひどかった。そして、思春期を過ぎると、痒みの出る部分が広がっていったような。痒みの原因とは?どう対処していけば良いのか?をご紹介。
掻きむしりたいほどのアトピーのかゆみを抑えるあっと驚く方法
アトピー性皮膚炎のかゆみと言うのは、とても強いものです。ある時、左腕の関節付近にものすごい痒みが襲ってきました。特にかぶれる原因もなさそうなのに、ものすごーく痒い!そこである方法で痒みを止めてみました。
アトピーのかゆみにはステロイドを正しく使うことが大切!
私は生まれつきのアレルギー体質で長いことアトピーとも付き合ってきました。現在の心境としては、ステロイドを上手に使った方が早いよ!という結論に落ち着いています。そして、アトピーが落ち着いたら、保湿でケアをすることです。
その洗濯洗剤がアトピーのかゆみの原因かも!?
随分肌には気を使っている生活をしてきているつもりなのですが、冬になってからアトピー性皮膚炎が悪化してきたんです。ある時、洗濯洗剤を変えたことに気が付きました。そしてその洗剤を止めてみると・・・。