セラミドとライスパワーNo.11 乾燥肌に良いのはどっち?

保湿と言えばセラミド・・・。そう良く耳にしますよね。
アトピーでカサカサになった乾燥肌なら、セラミド配合の化粧品を使っておけばいいんじゃないの?私もそう思っていました。どこか華やかさのある?セラミドに比べ、ライスパワーNo.11って言われても、地味だし・・・。
でもライスパワーエキスを知って、色々調べていくうちに必ずしもそうではないのではないか、と思うようになりました。

 

セラミドとライスパワーNo.11はどう違う?

 

セラミドは脂質でありながら水分をサンドイッチして抱え込む性質があるので、保水力の非常に高い成分と言われています。
人間の肌にはセラミドを生成する力があり、肌に元々存在するものです。
しかし、セラミド配合の化粧品が必ずしも肌そのもののセラミド生成力を高めるとは限りません。一時的な保湿にはなりますが・・・。

 

対して、ライスパワーNo.11は皮膚の水分を保持する機能を持つ成分として有効成分が医薬部外品として認可されています。「バリア機能の高い肌」を作ることが出来ると言われています。

 

両者とも似ているようで、実は意外と違うんですよ!

 

意外と複雑なセラミド!見極めるのは素人では難しい?

 

元々、セラミドは化粧品に配合するのが難しい成分です。
セラミドは水と結合しますが、脂質なので水に溶けません。化粧水にするにはムリがある成分なのです。
化粧水が無理なら美容液かクリームを選ぶことになります。

 

美容液かクリームを選ぶことになるのですが、さらにセラミドはセラミド1、セラミド2、セラミド3・・・というように種類が豊富でそれぞれの特徴が異なるため、自分に合うセラミドを見極めるのが非常に難しいのです。

 

また、一口にセラミドと言っても原料や製造工程が異なり、天然型、合成型、ヒト型と種類があります。

 

話をシンプルにするならば、とにかく成分表示を見て、セラミド2、セラミド3と書いてあるものを選ぶのが無難なようです。そして安価なものは、一時的な保湿としては役立つかもしれないけれど、セラミドとしての効果は薄いと考えた方が良いでしょう。

 

というわけで、セラミド配合入りの化粧品だからと言って、必ずしも効果が期待できるとは限らないようです。結局は自分の肌で試すしかないということですが・・・

 

ライスパワーエキスNo.11は有効成分が医薬部外品として認可!

 

見極めるのが意外と難しいセラミドに比べ、ライスパワーエキスNo.11のシンプルさと言ったらどうでしょう。
まず、ライスパワーエキスNo.11は「皮膚水分保持能の改善」という唯一の有効成分が医薬部外品として認められたものです。

 

ライスパワーエキスNo.11は大学の研究室などでアトピー性皮膚炎の予防効果も確認されています。

 

まず、効能が認められている、と言う点でセラミドとはまったく異なる立ち位置にいます。医薬部外品として認められ、特許を取るというのは並大抵のことではありません。

 

ライスパワーエキスNo.11は肌の内側から機能を高めて自らのセラミドの生成力を増大させることが可能です。外からセラミドを与えてしっとりとした肌質を作ることに重視しているというより、自らのセラミドを増大させるという効果を重視しているんです。

 

ライスパワーエキスNo.11の製造元は一つだけ!

 

ライスパワーエキスNo.11の製造元は勇心酒造という清酒製造の会社です。
ライスフォース、米肌にもライスパワーエキスが配合されていますが、すべて勇心酒造が開発と製造を行っており、様々な工程でできてしまうセラミドとは異なり、製造元がはっきりとしています。

 

ここまで調べてみると、乾燥肌やアトピー、敏感肌と言ったトラブルを抱えている場合、セラミドとライスパワーNo.11ならどちら?と問われれば、ライスパワーNo.11を配合しているスキンケアを試してみるのが得策と言えるでしょう!

 

テクスチャや匂いなど好みがありますので、トライアルセットから始めてみるのが良いですね。

 

 

 

 

セラミドとライスパワーNo.11 乾燥肌に良いのはどっち?関連ページ

ライスパワーエキスNo.11ってアトピーにどんな効果があるの?
勇心酒造のアトピスマイルクリームをアトピー性皮膚炎の乾燥対策として使っています。インターネットでの購入方法やステロイドとの併用の仕方、効果的な使用方法など、実際に使用した人でなければ分からない情報をご紹介していきます。
ライスビギン オールインワンエマルジョンbP1
ライスビギンのオールインワンエマルジョンbP1は皮膚の水分を保持してくれる効果が認められたライスパワーエキス11が配合されたオールインワン美容液です。実際に使ってみた感想をレポートします。