ライスパワーエキスNo.11ってアトピーにどんな効果があるの?

私たち、アトピー性皮膚炎の人の肌って、とにかくカサカサしています。普通の肌のようなしっとりとした潤いがありません。でも、クリームは何かしら付けていますよね。それなのに潤わない・・・こんなことってありませんか?

 

皮膚科では「痒みと炎症が収まったら、ステロイドをやめて、保湿していきましょう。」と言われます。
では、何を目安に保湿剤を選んでいけば良いのでしょうか?

 

そのポイントになるのが、ライスパワーエキスNo.11という成分

 

ライスパワーエキスNo.11には皮膚が本来持っている水分保持機能の改善という効能が備わっているのです。

 

乾燥肌やアトピー性皮膚炎の原因の一つに、皮膚が水分を保持できなくなっているということが挙げられるのは実感としてお分かりでしょう。

 

本来なら、肌が水分を保つという機能は、人間一人ずつに備わっている生体機能なのです。
でも、アトピー体質の人の肌は、何かのきっかけによってセラミドが減ってしまい、バリア機能が低下してしまうのです。するとほんの少しの刺激や、アレルゲンの侵入で過敏に反応してしまいます。

 

これがアトピー性皮膚炎を起こすきっかけになるのです。

 

ただし、やみくもにひたすら保湿を行っていても、水部保持機能が改善されることにはつながりません。実際には肌の表面だけが潤っている状態なんです。

 

そこでライスパワーエキス11を使うことで肌が適切に水分保持できるように改善していくわけです。皮膚の外側から補うというのではなく、体の内側から健やかにしていくということが一番の効果なのです。

 

 

徳島大学での臨床試験では、アトピー患者にライスパワーエキスNo.11を配合したクリームを塗布すると、約9割の患者にかゆみの改善や皮膚乾燥改善などがみられたそうです。

 

日本では古くからお米のとぎ汁を肌につけて、美容に活かすという知恵をもっていました。
そういう意味でもお米の中に備わっているライスパワー11は安心安全の成分といえるのです。

 

潤い成分を肌の中に貯めておける成分であるセラミドを増やすことで、肌の水分保持機能を改善していきます。

 

ライスパワーエキス11の効果によって、乾燥が原因となるシワや毛穴の開きなどにも直接作用していきます。

 

ライスパワーエキス11が配合されたアトピスマイルクリームは、長年アトピーで厄介な思いをしてきた私の頼もしい相棒となっています!

 

 

アトピスマイルクリームの体験レビューはこちら

ライスパワーエキスNo.11ってアトピーにどんな効果があるの?関連ページ

セラミドとライスパワーNo.11 乾燥肌に良いのはどっち?
保湿と言えばセラミド。そう良く耳にしますよね。アトピーでカサカサになった乾燥肌なら、セラミド配合の化粧品を使っておけばいい?でもライスパワーエキスを知って、色々調べていくうちに必ずしもそうではないのではないか、と思うようになりました。
ライスビギン オールインワンエマルジョンbP1
ライスビギンのオールインワンエマルジョンbP1は皮膚の水分を保持してくれる効果が認められたライスパワーエキス11が配合されたオールインワン美容液です。実際に使ってみた感想をレポートします。