子供のアトピー対策

子供のころからアトピー性皮膚炎だった私のアトピー対策をご紹介します。
アトピー肌には保湿が不可欠です。私の子供のころと違って今は優れた保湿剤が市販されています。
上手に使って薬と併用していきましょう。

子供のアトピー対策記事一覧

赤ちゃんは生後1ヶ月〜1ヵ月半くらいになると顔を中心にポツポツと湿疹を見せるようになります。アレルギーに敏感なママはこれを見て「アトピーかも!」と心配になるようですが、実際に小児科や皮膚科に診てもらうとまずは「小児湿疹」と診断されるでしょう。小児湿疹とは皮脂の分泌が活発になったために起こる湿疹で、アトピーとは全く原因が違います。実は医師でもこの2つの違いを初見だけで見分けるのは難しいとされています...

子供がアトピー肌で痒そうにしていると、本当にかわいそうになってきますよね。そもそもアトピーとは花粉症などと同じアレルギーの1つ。例えば、肌の角質層の保湿成分セラミドが不足し極端な乾燥肌になっていると、肌のバリア機能が低下してしまいます。そこから紫外線やハウスダストなど外敵刺激要因が肌内部に侵入するため、これを排除すべく免疫細胞が過剰反応を起こしてアレルギーを起こすのです。しかし、これは大人のアトピ...

アトピー肌はいつも清潔にしておくことが大切なんです。でも、アトピー肌の赤ちゃんはお風呂に入れると痒がったり、引っ掻いてできた傷にお湯や石鹸がしみて痛がったりするので、かわいそうになってきますよね。なので、できるだけそのような負担を感じさせないようにしながら、徐々に症状が改善されていくようなお風呂の入れ方を覚えたいものです。まずお湯の温度ですが、ぬるめを心がけ冬でも最高40℃まで、夏なら38℃くらい...

アトピー肌のケアの基本は清潔と保湿。ですからアトピー肌の赤ちゃんも毎日清潔にしてあげなければなりませんが、そのための石鹸選びに困ってしまうというママさんも多いのではないでしょうか。普通の石鹸には合成界面活性剤やパラペン、スクラブやアルコールなどの化学薬品が多く使用されているので、このような石鹸で洗うなんてもってのほかです。例え健康肌の赤ちゃんでもNGです。デリケートな赤ちゃんのお肌がこれらの薬品に...

大人の肌よりデリケートな赤ちゃんの肌に直接触れる下着。例え健康肌の赤ちゃんでも、肌に優しい天然素材で吸水性にも富んでいる綿100%素材が良いと言われますね。ましてアトピー肌の赤ちゃんであれば、尚更のこと。石油を原料にしたり、植物の繊維を薬品で溶かして作られたりしている化学繊維を素材にした肌着などもってのほか。では、どのようなことに注意して選べば良いでしょうか?アトピー肌の赤ちゃんの肌着を選ぶ時の注...

アトピー肌の子供は肌のバリア機能が弱いので、ちょっとした刺激にもすぐに反応してしまいます。なので子供服選びも大切。肌に優しい素材の服を選ぶのは勿論のこと、着方や洗濯の仕方などにもポイントがあるんです。まず「肌に優しい素材」と言えば、やっぱり綿100%。綿は吸収性にも優れていてジャブジャブと水で遠慮なく洗えるので便利ですね。逆に避けたいのは化学繊維やウール素材。寒い日にはセーターやマフラーを着せたく...

アトピー性皮膚炎とは、皮膚の免疫細胞が過剰反応を起こすアレルギー反応の一種です。そのアレルゲンとなり得るものは、何も直接的な肌への刺激とは限りません。ストレスであったり、化学物質による刺激だったりします。特に食事はアトピーと大きく関係していることが多いです。アトピーの子供には「多く食べ過ぎているもの」が共通していることから、アトピーを改善するには食事療法が有効であるとされているのです。アトピーの子...

アトピー性皮膚炎の子供の肌は外部からの刺激を受けやすくなっているため、太陽から来る紫外線にも要注意。子供が外出する時には必ず日焼け対策をしてあげましょう。日焼け対策の基本と言えば日焼け止めですが、「アトピー肌は刺激に弱いから日焼け止めの刺激にも負けてしまうのでは…」と心配になるかもしれませんね。確かに既に皮膚炎を起こしていてあまりに湿疹などがひどいようなら日焼け止めも塗らない方が良いのですが、まず...

そもそもアトピー肌とは、肌のバリア機能が低下した極端な乾燥肌のことで、まだお肌が十分に発達していない子供はアトピー肌になりやすいのです。バリア機能が弱いと外部からの刺激が肌の内部に入り込むため、体の免疫細胞がそれに反応して外敵を排除すべく攻撃するんですね。そのため、赤みや痒み、皮膚炎などを発症するわけです。ですからアトピー肌には保湿が不可欠です。私も保湿クリームは色々使ってみましたが、今使っている...