赤ちゃんの顔に発疹が!これってアトピー?小児湿疹?

 

赤ちゃんは生後1ヶ月〜1ヵ月半くらいになると顔を中心にポツポツと湿疹を見せるようになります。

 

アレルギーに敏感なママはこれを見て「アトピーかも!」と心配になるようですが、実際に小児科や皮膚科に診てもらうとまずは「小児湿疹」と診断されるでしょう。

 

小児湿疹とは皮脂の分泌が活発になったために起こる湿疹で、アトピーとは全く原因が違います。実は医師でもこの2つの違いを初見だけで見分けるのは難しいとされています。

 

そのためまずは「小児湿疹」ということで様子をみて、その後の症状を観察してアトピー性皮膚炎と考えられれば、それに応じた対処法に変更されるわけです。

 

アトピー性皮膚炎と小児湿疹との見分け方

 

アトピーと小児湿疹との見分け方ですが、小児湿疹は前述の通り、生後1〜1ヶ月半ごろに見られるようになり、アトピーの場合3〜4ヵ月後くらいからとなるので、発症時期からもある程度判断できるでしょう。

 

ではアトピー性皮膚炎だった場合の症状はというと、赤い湿疹から始まって肌全体にブツブツが広がっていき、ひどい時には肌全体が赤っぽくなって見えます。

 

痒みもひどく、これが良くなったり悪くなったりを繰り返していればアトピーと考えられます。

 

アトピーは発症すると一生付き合っていかなければならないもののように感じるかもしれませんが、子供のアトピーの場合実は1〜2才で軽快することが殆どです。
適切な処置をしてあげれば完治することも珍しくないので、過度に心配する必要はないでしょう。


赤ちゃんの顔に発疹が!これってアトピー?小児湿疹?関連ページ

子供のアトピーの原因は?
子供がアトピー肌で痒そうにしていると、本当にかわいそうになってきますよね。子供アトピーの原因とその対処方法を探ります。
かゆみをなるべく引き起こさないアトピー肌の赤ちゃんのお風呂の入れ方
アトピー肌の赤ちゃんはお風呂に入れると痒がったり、引っ掻いてできた傷にお湯や石鹸がしみて痛がったりします。なるべく痒くならないお風呂の入れ方とは?
アトピー肌の赤ちゃんでも安心して使える石鹸の選び方とは?
アトピー肌の赤ちゃんも毎日清潔にしてあげなければなりませんが、そのための石鹸選びに困ってしまうというママさんも多いのではないでしょうか。安心して使える石鹸の選び方をご紹介。
アトピー肌の赤ちゃんの肌着選びのポイントは?
大人の肌よりデリケートな赤ちゃんの肌に直接触れる下着。アトピー肌の赤ちゃんの肌着選びとお洗濯の注意点をご紹介します。
かゆみを引き起こさないアトピー肌の子供服選びの注意点
アトピー肌の子供は肌のバリア機能が弱いので、ちょっとした刺激にもすぐに反応してしまいます。なので子供服選びも大切。肌に優しい素材の服を選ぶのは勿論のこと、着方や洗濯の仕方などにもポイントがあるんです。
子供のアトピーを改善させる食事とは?
子供のころからアトピー性皮膚炎だった私のアトピー対策をご紹介します。アトピー肌には保湿が不可欠です。私の子供のころと違って今は優れた保湿剤が市販されています。上手に使って薬と併用していきましょう。
アトピー肌の子供に使える日焼け止めとは?
アトピー性皮膚炎の子供の肌は外部からの刺激を受けやすくなっているため、太陽から来る紫外線にも要注意。子供が外出する時には必ず日焼け対策をしてあげましょう。
子供のアトピーにおすすめの保湿剤は?
アトピー肌とは、肌のバリア機能が低下した極端な乾燥肌のことで、まだお肌が十分に発達していない子供はアトピー肌になりやすいのです。子供のアトピーにおすすめの保湿剤をご紹介します。