子供のアトピー性皮膚炎の原因は?

子供がアトピー肌で痒そうにしていると、本当にかわいそうになってきますよね。

 

そもそもアトピーとは花粉症などと同じアレルギーの1つ。
例えば、肌の角質層の保湿成分セラミドが不足し極端な乾燥肌になっていると、肌のバリア機能が低下してしまいます。

 

そこから紫外線やハウスダストなど外敵刺激要因が肌内部に侵入するため、これを排除すべく免疫細胞が過剰反応を起こしてアレルギーを起こすのです。

 

しかし、これは大人のアトピーに多い原因で、実は子供のアトピーの場合その大半は食べ物に原因があると言われています。

 

子供のアトピーは食べ物に原因がある

 

例えば、アレルゲンとなっている食べ物が大量に体内に入り込んだ場合、胃に入った時点で嘔吐したり、あるいは腸まで通過すれば下痢によって体外に排出されます。

 

でも、もっと少量だと吸収されて血液に乗り、体内を巡りながらこのアレルゲンを「捨てる場所」がないか探し回ります。

 

脳や肝臓、心臓などの重要な臓器に捨てるわけにはいきませんから、結果として一番命の危険の少ない皮膚に捨てることになり、ここで免疫細胞が働いてアレルギー反応を起こすのです。

 

つまりアトピーを発症するというわけなのです。

 

このアレルゲンとなりうる食品には様々なものがありますが、一般的には卵や牛乳、肉などの動物性食品、小麦、大豆などがアトピーを発症させやすく、その症状も重いと言われています。

 

アトピー肌に最も向いている保湿クリームとは?

 

痒くて痒くてつらい時に、お母さんから「掻いちゃダメ!」と言われるほど子供にとって辛いものはありません。
痒みそのものがストレスなのに、その痒みを解消することすら制限されたらさらにストレスが溜まってしまうでしょう。
子供の肌は新陳代謝が整っていますから、肌をかき壊してもそれほど心配することはないのです。

 

子供にとって一番ベストなのは「痒みを抑える」こと。
それには正しい保湿が大切です。保湿クリームの選び方を変えましょう!

 

アトピー肌に最も向いている保湿クリームとは、肌の表面だけを潤すのではなく、肌の角質層の奥深く基底層まで浸透して、セラミドを生成してくれるような保湿クリームのこと。
セラミドが整えば痒みが落ち着いてきます。

 

セラミドを生成してくれるような保湿クリーム・・・それがアトピスマイルクリームでした。
私も長いことアトピーと付き合ってきましたが、「こんな保湿クリームがあったんだ!」と感動しました。

子供のアトピーの原因は?関連ページ

赤ちゃんの顔に発疹が!これってアトピー?小児湿疹?
赤ちゃんは生後1か月半くらいになると顔を中心にポツポツと湿疹を見せるようになります。アトピー性皮膚炎と小児湿疹との見分け方をご紹介します。
かゆみをなるべく引き起こさないアトピー肌の赤ちゃんのお風呂の入れ方
アトピー肌の赤ちゃんはお風呂に入れると痒がったり、引っ掻いてできた傷にお湯や石鹸がしみて痛がったりします。なるべく痒くならないお風呂の入れ方とは?
アトピー肌の赤ちゃんでも安心して使える石鹸の選び方とは?
アトピー肌の赤ちゃんも毎日清潔にしてあげなければなりませんが、そのための石鹸選びに困ってしまうというママさんも多いのではないでしょうか。安心して使える石鹸の選び方をご紹介。
アトピー肌の赤ちゃんの肌着選びのポイントは?
大人の肌よりデリケートな赤ちゃんの肌に直接触れる下着。アトピー肌の赤ちゃんの肌着選びとお洗濯の注意点をご紹介します。
かゆみを引き起こさないアトピー肌の子供服選びの注意点
アトピー肌の子供は肌のバリア機能が弱いので、ちょっとした刺激にもすぐに反応してしまいます。なので子供服選びも大切。肌に優しい素材の服を選ぶのは勿論のこと、着方や洗濯の仕方などにもポイントがあるんです。
子供のアトピーを改善させる食事とは?
子供のころからアトピー性皮膚炎だった私のアトピー対策をご紹介します。アトピー肌には保湿が不可欠です。私の子供のころと違って今は優れた保湿剤が市販されています。上手に使って薬と併用していきましょう。
アトピー肌の子供に使える日焼け止めとは?
アトピー性皮膚炎の子供の肌は外部からの刺激を受けやすくなっているため、太陽から来る紫外線にも要注意。子供が外出する時には必ず日焼け対策をしてあげましょう。
子供のアトピーにおすすめの保湿剤は?
アトピー肌とは、肌のバリア機能が低下した極端な乾燥肌のことで、まだお肌が十分に発達していない子供はアトピー肌になりやすいのです。子供のアトピーにおすすめの保湿剤をご紹介します。