子供のアトピーを改善させる食事とは?

 

 

アトピー性皮膚炎とは、皮膚の免疫細胞が過剰反応を起こすアレルギー反応の一種です。

 

そのアレルゲンとなり得るものは、何も直接的な肌への刺激とは限りません。
ストレスであったり、化学物質による刺激だったりします。

 

特に食事はアトピーと大きく関係していることが多いです。
アトピーの子供には「多く食べ過ぎているもの」が共通していることから、アトピーを改善するには食事療法が有効であるとされているのです。

 

アトピーの子供が多く食べている食事とは?

 

アトピーの子供が多く食べている食事とは、つまりアレルゲンの原因になっていると考えられる食品のことですね。

 

肉や牛乳、卵のような動物性食品、マヨネーズやバターなどの油、砂糖、食品添加物が使用されている食品などが挙げられます。

 

問題はこれらの食品自体と言うよりは、これらの食品を「食べ過ぎている」こと、つまり偏った食事になっていることです。

 

なので食事でアトピーを改善させるためには、この偏りをなくす、つまり足りていない栄養を積極的に摂り入れるようにする必要があります。

 

足りていない栄養を摂り入れるためには?

 

アトピーの子供が不足しがちで改善の為に必要とされている食品には、海藻類や魚介類、穀類、根菜類、葉菜類、干ししいたけや切干大根などの乾物、味噌や醤油などの大豆系発酵食品などが挙げられます。

 

こうやって見ると、和食中心の食事にすれば良いことが分かりますね。

 

子供は和食嫌いと思われがちですが、案外、挑戦させてみれば好物になることも多いので少しずつ食べさせてみてはいかがでしょうか。

子供のアトピーを改善させる食事とは?関連ページ

赤ちゃんの顔に発疹が!これってアトピー?小児湿疹?
赤ちゃんは生後1か月半くらいになると顔を中心にポツポツと湿疹を見せるようになります。アトピー性皮膚炎と小児湿疹との見分け方をご紹介します。
子供のアトピーの原因は?
子供がアトピー肌で痒そうにしていると、本当にかわいそうになってきますよね。子供アトピーの原因とその対処方法を探ります。
かゆみをなるべく引き起こさないアトピー肌の赤ちゃんのお風呂の入れ方
アトピー肌の赤ちゃんはお風呂に入れると痒がったり、引っ掻いてできた傷にお湯や石鹸がしみて痛がったりします。なるべく痒くならないお風呂の入れ方とは?
アトピー肌の赤ちゃんでも安心して使える石鹸の選び方とは?
アトピー肌の赤ちゃんも毎日清潔にしてあげなければなりませんが、そのための石鹸選びに困ってしまうというママさんも多いのではないでしょうか。安心して使える石鹸の選び方をご紹介。
アトピー肌の赤ちゃんの肌着選びのポイントは?
大人の肌よりデリケートな赤ちゃんの肌に直接触れる下着。アトピー肌の赤ちゃんの肌着選びとお洗濯の注意点をご紹介します。
かゆみを引き起こさないアトピー肌の子供服選びの注意点
アトピー肌の子供は肌のバリア機能が弱いので、ちょっとした刺激にもすぐに反応してしまいます。なので子供服選びも大切。肌に優しい素材の服を選ぶのは勿論のこと、着方や洗濯の仕方などにもポイントがあるんです。
アトピー肌の子供に使える日焼け止めとは?
アトピー性皮膚炎の子供の肌は外部からの刺激を受けやすくなっているため、太陽から来る紫外線にも要注意。子供が外出する時には必ず日焼け対策をしてあげましょう。
子供のアトピーにおすすめの保湿剤は?
アトピー肌とは、肌のバリア機能が低下した極端な乾燥肌のことで、まだお肌が十分に発達していない子供はアトピー肌になりやすいのです。子供のアトピーにおすすめの保湿剤をご紹介します。