重曹とクエン酸でできた【ホットタブ重炭酸湯】で湿疹対策!

湿疹、荒れ性、アトピー肌の人にとって、入浴剤はけっこう吟味するものですよね。
肌が荒れている時はお湯が浸みるし・・・。

 

ドイツ式入浴法を参考に作られた「ホットタブ重炭酸湯」という入浴剤は敏感肌の人でも安心して使える入浴剤だそうです。原材料が重曹とクエン酸でできているんですよ。

 

 

私みたいにアトピーの肌荒れには温泉より良いんじゃないの?浴槽も傷まないというし。そう思ったので取り寄せてみることにしました。

 

 

ホットタブ重炭酸湯が届きました。

ホットタブ重炭酸湯のメーカーは株式会社スマイル・ジャパンです。
梱包は丁寧できちんと箱に入っていたので中身が割れたりすることはありませんでした。

 

箱の中にはご拶状が入っていましたよ。

 

こちらが届いたホットタブ重炭酸湯です。
肩こり、腰痛、疲労回復、冷え症、神経痛、リウマチ、痔、 産前産後の冷え症、うちみ、くじき、あせも、しもやけ、荒れ性、 ひび、あかぎれ、にきび、しっしん」に効くのだそうです。

 

入浴剤としては珍しい医薬部外品で、特許を取っているんですねぇ〜。

 

まるで自宅のお風呂で温泉に入れるような贅沢さですよね。
いやいや、自宅のお風呂に入浴剤を入れるだけなら温泉と違って塩素が入りません。肌にはより優しいです。

 

入浴剤の形状はタブレットでした。液体タイプと粉状の入浴剤が多い中でどこか新鮮!

 

使い方のポイントは、ぬるめのお湯(低温38度程度)に1回につき4個入れて、15分程度ゆったりと浸かることだそうです。

 

早速、今夜のお風呂に入れてみました。
しゅわしゅわ・・・と炭酸が上がってきます。これは良さそう!変な臭いもしないし。

 

お風呂に浸かってみると、肌への刺激が少なくお湯の状態もとても柔らかになりました。

 

私はお風呂からあがったらすぐにアトピスマイルで保湿をしています。アトピー性皮膚炎や敏感肌の人にはとにかく保湿が大切です。

 

 

熱いお湯に入ってしまうとかゆみがひどくなることもありますが、「ホットタブ重炭酸湯」の場合には、低温入浴で肌への刺激がなく、新陳代謝も活発になります。

 

ゆっくりとお湯につかることはリラックス効果もあり、理想的なことですね。
まずは一袋使ってみて肌の調子を確認することにします!

重曹とクエン酸でできた【ホットタブ重炭酸湯】で湿疹対策!関連ページ

アトピスマイル薬用入浴液ってどんなもの?口コミが気になる!
アトピーで肌荒れがひどい時は、さら湯のお風呂でさえ肌に浸みますね。お肌に優しいアトピスマイル薬用入浴液を使ってみた感想をご紹介しています。
アトピスマイル 薬用入浴液を使う時の注意点とは?
アトピスマイル薬用入浴液は、アトピーのせいでダメージを受けた肌を優しくいたわりながら保湿力を高めてくれます。ただし、風呂釜の種類によっては使う時に注意が必要なこともあります。チェックしておきましょう。